面白いことは書けないけど

先日友人に会い話をして心の中で完結できたので書きたいなと思います。

 

8月14日に私は関ジャニ∞のライブに行ってきました。そのことについて少しブログでも書いています。あのライブで私の気持ちは決まっていたと思います。

2011.5から入会したFCを今年退会しました。今までのFCでも一番長い期間でした。どうしてここまで長かったのか。何をそうさせたのか。

今年の8月頃にある方のブログをたまたま拝見しました。関パニの記事だったんですけど書かれてた内容がどれも当てはまることが多くて共感を超えて驚きました。こんな方がいたんだ!と嬉しくなりました、最後の文に『これからもファンでいたいと思う』と見て私は「あー、もう終わりなんだな」と感じました。こんなに笑う楽しいツボが同じ人が懐古厨にならずこれからもファンでいようと思うなら完全に私には無理だなと。

今まで中々気持ちに踏ん切りがつかずさっぱり辞めようと決心がつきませんでした。

でもこのことを先日会った元エイター友人に話したところ「なんか深いね」と言われ自分でも誰かにこの話をすごくしたかったのでスッキリしました、答えを求めてる場合でもなくただ話すだけでもいいことってあるんだなと実感しました。

この友人が私をエイターに誘ってくれたんですが2013年を最後に関ジャニ∞から離れました。多分気持ちが離れたのもあるだろうし他に好きなグループができたのもあるんだと思います(もしかしたら他にも理由が…)

実際私が今回退会できたのも他に好きなグループができたのもあります。

そしてそのグループは本当にメンバー全員が好きで応援していても本当に楽しいです。私の中では推し(自担)が特別でも根底として皆が好きでいたいんです。比べたら悪いかもしれませんが環八は皆大好きかと言われたら初期程好きではないです。それときっとグループが大きくなりすぎたのかなって。よくありますよね応援していたグループが国民的になりすぎて…とか嵐と比べるとまだまだかもしれないけど昔と比べると大きいと思います。

不思議なくらいに環八の好きな時って2009年なんですよねファンになる前なのに音楽もライブもDVDもその時出してたのが好きすぎるんです、懐古するときは大抵このあたりですw

超特急のファンと語り合いたいとかたまに呟きますが思い返してみると私の周りには関ジャニ∞や嵐のファンの友達ってたくさんいましたが語り合いってそんなにしたか?ってなります。DVD見ながら格好いいとか言うことはあっても「あの時のあれ」と限定的な会話はかなり限れてくると思います。多分語り合いたいんじゃなくてド新規すぎる自分が先輩オタに話を聞きたいだけなのかな?って。

でも自分1人で調べてそれが解決したら達成感がありそうですね。

関八から中々離れられなかったのはきっと今好きな音楽がちょっと関係してるからだと。多分環八にハマらなかったらバンド曲を意識して聴くことってあったのだろうか。音楽の事は全然詳しくないけど好きな音楽くらいはあります。バンドは昔から好きだったけど大人になってもバンドが好きなのはきっとライブで聴いた環八のバンドが凄かったから(なのにJBとか言うほど好きではない…何故か)

お笑いも昔からテレビで見ていたけど環八のファンになったからなのかお笑いに夢中になった。彼らのお笑いネタが好きで当時ラジオを聴きながら笑ってたこともいい思い出。それからお笑いの番協にも行ってみたりシンプルに面白いことを言ってみたいなと。

きっと色々が交錯してて今までの他ジャニの退会とは違いだらだらと過ごしてしまったのか。2011年からずっとテレビを録画してCD買ってウォークマンに入れてきたけど(2015辺りから購入も大分減りました)もうきっぱり辞めかな~。

少しの間だけどハマったキスマイも最近少クラを見てると知らない曲が増えてきて(2015辺りまで)少し寂しいような。

今でもカラオケに行くとブリュレとか歌う自分がもう古いのかな、カップリングやGIFTを結局最後までライブで聴くことなかったけどきっと今歌っても戻ることはないだろうな。

2009を最後に最近出戻りしたユーザーを見かけたので私もいつか出戻りできたらいいかなと思った現超特急ファンでした。